2010年03月08日

立石仲見世のもつ焼き「宇ち多”」に足を運んだ

東京の本屋で立ち読みで気になるお店を見つけた。
そうなると、行かざるを得ない性格の私は、初めて訪れるその最寄り駅を地図で調べて、現地に向かった。
その場所は意外に都心から離れており少々不安な気持ちにもなるが、逆に期待にドキドキする思いにもかられる
「京成立石」はじめて降りる駅である。階段を降りきったところは商店街の入り口だった。風情があるというよりは裏寂れた商店街に足を踏み入れたその場所に目的のもつ焼き「宇ち多”」があった。
立石仲見世うちだ5.jpg立石仲見世うちだ4.jpg
今現在16:50.なぜ人が並んでいるの?商店街には人が歩いていないのに・・・。5時とか6時に来て入れなかったら嫌だと思い早めに来たのに・・・。つづく
posted by さいずの かしら at 05:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かしら物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143036821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。